『チーズケーキ大好き』宣言!!
なぜ、このチーズケーキが売れるのか・・・

ページ追加情報



メニュー



ウィジェット



リンク

このサイトをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チーズケーキの由来

そもそも、チーズケーキを作るにはチーズが不可欠です。
では、チーズはどのようにして生まれたものなのでしょうか?

実は、チーズの由来についてはっきりした事はわかっていません。
しかし、古代ギリシャ時代よりも昔、「アラビアの遊牧民たちによって生み出された」というのが定説です。

彼らは、山羊や羊の胃袋に飲料として動物の乳を入れ、行動していました。ところが、いざ飲もうとした時、中から出てきたのは、白い塊と透明な水でした。この白い塊こそが「チーズ」です。胃袋に含まれる酵素と移動の際の揺れにより、乳がチーズとなったのです。こうして生まれたチーズは各地に広がり、特に古代ギリシャでは広く普及していたといいます。

では、「チーズケーキの原型は何?」というと、古代ギリシャで好まれていた「トリヨン」という食べ物が原型にあたります。
作り方は、ラード、ミルク、小麦の胚芽の粉、卵、新しいチーズなどを一緒にしてよく混ぜて、それをいちじくの葉で包んみ、鶏のスープなどで茹でます。茹で上がったらいちじくの葉を取って、はちみつをかけて完成です。このトリヨンは今でいう「プリン」のような出来上がりだったそうです。

その後、こうしたチーズ菓子はチーズの普及とともに世界各地で様々なタイプのものが作られるようになりました。

日本では奈良時代に「酥(そ)」という、チーズに相当するものが作られましたが、当時の人々の口に合わなかったのか、特に発展することなく時が経ちます。
西洋のものが一気に流れ込んでくる明治時代に入ってしばらくすると、人々は積極的にチーズを取り入れ始めます。その頃はチーズを「チース」と表記しており、例えば岡本半渓著『和洋菓子製法独案内』ではライスとチーズを混ぜて作る「ライスチースケーキ」というお菓子が紹介されています。
昭和になると冷蔵庫が開発され、生クリームを使ったケーキなど、日持ちしないものも広がりを見せるようになります。さらにカッテージチーズやクリームチーズが登場し、レアタイプのチーズケーキが人気を集めます。メディアもこぞってチーズを使ったお菓子を取り上げ、チーズケーキは一気に洋菓子の主役の1人となりました。

現在は種類も豊富で、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、
スフレチーズケーキなどいろいろな味・食感が楽しめます。
スポンサーサイト



オススメ

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。