『チーズケーキ大好き』宣言!!
なぜ、このチーズケーキが売れるのか・・・

ページ追加情報



メニュー



ウィジェット



リンク

このサイトをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チーズの種類

チーズそのものの歴史は古く、紀元前6000年代のスイスの湖上住居者の遺跡や、紀元前3500年頃のメソポタミア地方の石版画、古代エジプトの壁画などからも乳加工を表すものが発見されています。
また、チーズの発祥の地は、西アジアか中近東というのが現在の定説です。
その後、ヨーロッパに伝えられ、古代ギリシャでは「神の授け物」として珍重されました。
旧約聖書の「サムエル記」に「蜜とバターと羊のチーズをダビデと・・・」という記述があるように、紀元前(BC)1000年頃にはヨーロッパに伝えられていたようです。
帝政ローマでも贅沢品とされ、帝国の拡大と共にヨーロッパ各地へ発展しました。
こうして古代から現在に受け継がれてきました。
今ではチーズの種類も実に様々です。その種類と特徴をご紹介します。

◆カッテージチーズ
脱脂乳、または脱脂粉乳から作られる全く熟成されていないチーズです。乳脂肪が少ないので、高たんぱく、低カロリーなヘルシー食品としてアメリカを中心に人気があります。
また、カッテージチーズには粒状タイプと裏ごしタイプの2種類があり、そのままパンやクラッカー・サラダに添えることもあります。
チーズケーキには、水切りを行ったあとに裏ごししてから使用します。
レアチーズケーキ、ベークドチーズケーキどちらにも合います。その他にも、豆腐感覚で白和えなどの和風料理にもカッテージチーズが使われる事もあります。

◆マスカルポーネチーズ
現在ではイタリア各地で作られていますが、元々、北イタリアのロンバルティア地方特産のフレッシュチーズです。
脂肪分が多くそしてやわらかい、ホイップクリームのようなクリーミーな食感で、ほのかな甘味とバターのようなコクと風味があります。
イタリアのチーズデザート、ティラミスには欠かせないチーズです。

◆リコッタチーズ
イタリア産のフレッシュチーズの一種で、裏ごししたカッテージチーズ(脱脂乳から作られる脂肪分の少ないフレッシュチーズ)のような口当たりがあります。リコッタチーズはチーズを作る時に出るホエー(乳清)を再び加熱して作られ、水分が多くて柔らかく、淡白でほのかな甘味があります。
イタリアではマスカルポーネより有名で、生で食べる以外にも、パスタにもよく合います。ケーキにも応用がききます。
リコッタチーズを使ったリコッタチーズケーキは有名なチーズケーキのひとつです。
リコッタチーズが手に入らない場合は、代替品としてクリームチーズとカッテージチーズを半量ずつ使用しても良いでしょう。

◆カマンベールチーズ
ノルマンディ地方のカマンベール村で生まれた表面が白かびで覆われたチーズです。あの有名なナポレオンも好んで食べたと言われています。
内部はクリーミーなクリーム色で、未熟なうちは中心に白い芯がありますが、熟成するにつれ芯が消え、カットした後しばらく置くと流れ出すほど柔らかくなります。
チーズには顕著な香りは無く、あっさりした新鮮味があり、心地よいカビ臭もあります。滑らかで、コクがあり、バランスがいいので人気のあるチーズです。
パン生地、パートシュクレ、パートプリゼ、スコーンなどお菓子への応用も幅広く使えるチーズです。

◆チェダーチーズ
イギリスのサマーセット州チェダー村原産の硬質チーズです。一般的なものは円筒形で、赤く色づけされたものをレッドチェダーといいます。
ほどよい酸味とナッツに似た酸味があり、親しみやすいチーズです。
スコーンやバターケーキなど焼くタイプのケーキやお菓子に向いています。

◆フロマージュブランチーズ
牛乳に凝乳酵素を加えて固めて、水分を切っただけのチーズです。熱処理や熟成をしていません。
フランスでは最も人気のあるフレッシュタイプのチーズです。
クセがなく、滑らかなので料理やケーキ作りにも合います。保存がきかないので、できるだけ鮮度のよいものを使用しましょう。
スポンサーサイト

ダイエットには必需品?

女性なら誰しもダイエットの1度や2度は経験があるはず・・・。
デイエット中は甘いものを控えている事と思います。
それでも、やっぱりたまには甘いものを採りたくなりますよね?

そこで提案!
食べたくなった時には、カロリーの少ないチーズケーキを賢く選んで食べてみては?

Q レアチーズケーキとベイクドチーズケーキならどっちがカロリー控えめ?

A レアチーズケーキ
ベイクドチーズケーキ1切れ400kcalに対してレアチーズケーキは1切れ250kcal。
だけど食べすぎは禁物!ゆっくり時間をかけて食べるようにして。

Q 手作りチーズケーキに使う場合はどんなチーズがいい?

A 有効なのはカッテージチーズ
チーズケーキ作りの材料の定番といえばクリームチーズ。だけど意外と高カロリー(100gあたり346Kcal)。
そこで、代用するにはカッテージチーズ(100gあたり105Kcal)が有効。
更にカロリー控えめにするにはチーズの代わりに一部をヨーグルトにしたり、豆腐を使ってみるのもいいかも。


そして一番大切なこと!!
それは「カルシウムをきちんと採る事!」ダイエット中の人にとって不足しがちなカルシウム・・・。でも、カルシウムは体を作るうえで大切な栄養です。
実は、チーズ100gにはなんと牛乳6本分のカルシウムが含まれています。だからチーズケーキは他のケーキよりもカルシウムがたっぷり入っているのでオススメするのです。
もし、自分でチーズケーキを作る機会があったら、ほんの少しスキムミルク(脱脂粉乳)を加えて作ってみてください。スキムミルクは脂肪分が少ないうえに少量で多くのカルシウムを摂取できる優れものです。
価格も比較的安価なので、ダイエット中のカルシウム不足にはぴったりです。

*あくまでも、個人の意見なので自己判断でお願いします。責任は取れませんのであしからず・・・

レアチーズケーキレシピ

◆まず、材料を用意します

(材料(18cm丸型))
クリームチーズ・・・・・100g
砂糖・・・・・・・・・・・・・50g
牛乳・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
卵黄・・・・・・・・・・・・・1個分
レモンの皮・・・・・・・・1/2個分
レモン汁・・・・・・・・・・大さじ2
生クリーム・・・・・・・・1/2カップ
粉ゼラチン・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
バター・・・・・・・・・・・40g
ビスケット・・・・・・・・50g
(お好みでイチゴやミカン、ブルーベリーなどのフルーツ適量)

◆作り方
1.常温で溶かしたバターをやわらかくなるまで練り、細かく砕いたビスケットを混ぜて型に敷きつめます。(ビスケットは袋に入れて砕くといいでしょう)

2.粉ゼラチンを分量の水にふり込んで混ぜ、ゼラチンがふやけるまで放置します。牛乳に砂糖を加えて温め、ゼラチンを加えて溶かします。

3.常温でやわらかくしたクリームチーズを、クリーム状になるまでしっかり練ります。

4.生クリーム1/2カップをボウルに入れて、氷水で冷やしながらとろりと流れる状態になるまで泡立てます。

5.「3」に「2」を少しずつ加え、溶きほぐした卵黄、すりおろしたレモンの皮、レモン汁、生クリームも加えてよく混ぜます。

6.「1」に「5」を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

7.最後にお好みでフルーツを飾り付ける。

◆このような感じで作っていただければ、きっと美味しいチーズケーキになると思います♪
 皆さんも挑戦してみてください。

チョコレートチーズケーキレシピ

◆まず、材料を用意します

クリームチーズ・・・・・100g
砂糖・・・・・・・・・・・・・40g
牛乳・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
卵黄・・・・・・・・・・・・・1個分
生クリーム・・・・・・・・1/2カップ
ブラックチョコレート・・25g
粉ゼラチン・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
バター・・・・・・・・・・・40g
ビスケット・・・・・・・・50g
生クリーム・・・・・・・1/2カップ
砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1

◆作り方
1.常温で溶かしたバターをやわらかくなるまで練り、細かく砕いたビスケットを混ぜて型に敷きつめます。(ビスケットは袋に入れて砕くとよいでしょう)

2.粉ゼラチンを分量の水にふり込んで混ぜ、ゼラチンがふやけるまで放置します。牛乳に砂糖・刻んだブラックチョコレートを加えて温め、ゼラチンを加えて溶かします。

3.常温でやわらかくしたクリームチーズを、クリーム状になるまでしっかり練ります。

4.生クリーム1/2カップをボウルに入れて、氷水で冷やしながらとろりと流れる状態になるまで泡立てます。

5.「3」に「2」を少しずつ加え、溶きほぐした卵黄、生クリームも加えてよく混ぜます。

6.「1」に「5」を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

7.生クリーム1/2カップに砂糖を加えて泡立て、チーズケーキの上に飾りつけます。

◆こんな感じで作っていただけると、美味しくできるかと思います♪
 皆さんも作ってみてください。

真っ白なチーズスフレレシピ

◆まず、材料を用意します

(材料(18cm丸型))
クリームチーズ・・・・・200g
バター・・・・・・・・・・・・・25g
砂糖・・・・・・・・・・・・・15g
卵黄・・・・・・・・・・・・・3個分
生クリーム・・・・・・・・40g
小麦粉・・・・・・・・100g
レモンの皮・・・・・・・・1/2個小麦粉・・・・・・・・100g
牛乳・・・・・・・・・・20g
卵白・・・・・・・・3個分
砂糖・・・・・・・・・・・・・・30g
粉砂糖・・・・・・・・・・・適量

◆作り方

1.常温で溶かしたクリームチーズをクリーム状になるまでよく練り、常温で溶かしたバターを加えてさらに混ぜます。

2.砂糖を「1」に加えてよく混ぜます。

3.溶きほぐした卵黄を少しずつ、混ぜながら加えます。

4.振るっておいた薄力粉を加えてさっくりと混ぜ、牛乳、生クリーム、すりおろしたレモン汁を加えて混ぜあわせます。

5.卵白を泡立て、砂糖を数回に分けて加えながらメレンゲを作ります。

6.メレンゲ半分を「4」に加え、混ぜ残りのメレンゲを加えて切るように混ぜます。

7.生地を型に流し込み、高い位置から垂直に落として中の空気を抜きましょう。

8.150℃に温めておいたオーブンで蒸し焼きにする。

9.焼きあがったら型から外して冷まし、粉砂糖をふるいます。

◆このような感じで、作って頂けたら美味しく出来上がるかと思います♪
 皆さんも挑戦してみてください。

チーズケーキ(パン屋さん)

先日、チーズケーキを食べました。
そのチーズケーキの写真です。

チーズケーキ2


お味の方は、レモンの雰囲気(におい等)が強く、チーズケーキというより、レモンケーキのような感じでした。
でも、美味しかったですよ♪

チーズケーキ1


嬉しい事が1つ。
こちらのチーズケーキ。なんと、2個で200円。(つまり1個100円)
価格が安くてお得感もありました♪

チーズケーキ3


ちなみに、このチーズケーキを作っているのはパン屋さんなんですよ。


オススメ

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。