『チーズケーキ大好き』宣言!!
なぜ、このチーズケーキが売れるのか・・・

ページ追加情報



メニュー



ウィジェット



リンク

このサイトをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『チーズケーキ大好き』宣言!!について

当サイトでは、旬のチーズケーキをはじめ、チーズケーキの作り方やチーズケーキの歴史など、チーズケーキについての総合情報を提供しております。
スポンサーサイト

チーズケーキの由来

そもそも、チーズケーキを作るにはチーズが不可欠です。
では、チーズはどのようにして生まれたものなのでしょうか?

実は、チーズの由来についてはっきりした事はわかっていません。
しかし、古代ギリシャ時代よりも昔、「アラビアの遊牧民たちによって生み出された」というのが定説です。

彼らは、山羊や羊の胃袋に飲料として動物の乳を入れ、行動していました。ところが、いざ飲もうとした時、中から出てきたのは、白い塊と透明な水でした。この白い塊こそが「チーズ」です。胃袋に含まれる酵素と移動の際の揺れにより、乳がチーズとなったのです。こうして生まれたチーズは各地に広がり、特に古代ギリシャでは広く普及していたといいます。

では、「チーズケーキの原型は何?」というと、古代ギリシャで好まれていた「トリヨン」という食べ物が原型にあたります。
作り方は、ラード、ミルク、小麦の胚芽の粉、卵、新しいチーズなどを一緒にしてよく混ぜて、それをいちじくの葉で包んみ、鶏のスープなどで茹でます。茹で上がったらいちじくの葉を取って、はちみつをかけて完成です。このトリヨンは今でいう「プリン」のような出来上がりだったそうです。

その後、こうしたチーズ菓子はチーズの普及とともに世界各地で様々なタイプのものが作られるようになりました。

日本では奈良時代に「酥(そ)」という、チーズに相当するものが作られましたが、当時の人々の口に合わなかったのか、特に発展することなく時が経ちます。
西洋のものが一気に流れ込んでくる明治時代に入ってしばらくすると、人々は積極的にチーズを取り入れ始めます。その頃はチーズを「チース」と表記しており、例えば岡本半渓著『和洋菓子製法独案内』ではライスとチーズを混ぜて作る「ライスチースケーキ」というお菓子が紹介されています。
昭和になると冷蔵庫が開発され、生クリームを使ったケーキなど、日持ちしないものも広がりを見せるようになります。さらにカッテージチーズやクリームチーズが登場し、レアタイプのチーズケーキが人気を集めます。メディアもこぞってチーズを使ったお菓子を取り上げ、チーズケーキは一気に洋菓子の主役の1人となりました。

現在は種類も豊富で、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、
スフレチーズケーキなどいろいろな味・食感が楽しめます。


ニューヨークチーズケーキの由来

「ニューヨークチーズケーキ」という名前はジューイッシュ料理から来ているようです。もともと、東欧ではこの手のチーズケーキがユダヤ料理のお菓子として作られていて、ニューヨークへ移民で来たユダヤ人などから広まったのが由来です。

こってりとしたクリーミーなフィーリングで、オリジナルはクッキータイプのクラストだそうです。
ケーキの底にグラハムクラッカーを敷き、サワークリームをプラスして、よりクリーミーに仕上げているのが「ニューヨークチーズケーキ」の特徴といわれています。そうしたアメリカ人好みの風味にアレンジしたものを売り出してからは、より多くの人々に広まり愛されるようになりました。

また、焼き方に関しても「ニューヨークメソッド」と呼ばれているものがあって、最初は高温で焼き色をつけ、そのあと超低温でゆっくり焼き、火の消えたオーブンの中でゆっくり冷ますというもの。これがこんがりトップと、クリーミーなフィーリングを作り出すとか。でも最近のレシピはどれも湯煎で焼くようになっています。

チーズケーキの種類(スタイル編)

みんなに人気のあるチーズケーキは、スイーツの定番。(といっても過言ではないよね?)
様々なパティシエの方の看板メニューになっている事もありますし、TV番組で紹介され、爆発的な人気を得ているものもたくさんあります。また、通販で買えるチーズケーキも数え切れないほどです。
そんなチーズケーキには様々なタイプがあります。ヨーロッパでの伝統的な製法によるものや和風、他のスイーツとの融合によるものなどスタイルは様々です。

◆欧州伝統菓子タイプ
古くから欧州地方に伝わる伝統的なチーズケーキです。昨今、続々と日本に紹介されています。最近ではフランスの「クレメ・ダンジュ」などが最たるものです。これまでは一部のフレンチレストランやイタリアンレストランでのみ扱っていたデザートが注目を集めています。イタリアの「ティラミス」もその一例で、1980年代後半にブームが起こりました。

◆和風タイプ
和菓子職人の手にかかると、全ての食材が和菓子とマッチしてしまいます。和の素材や技術との融合が生み出す、和菓子的チーズケーキがこのタイプです。どらやきに饅頭、かりんとうなど、美味しい和洋折衷は、見た目も味も新鮮なチーズケーキワールドを広げてくれます。

◆デコレーション・タイプ
フルーツやクリームなどで美しく飾られた、見た目も楽しい華やかなチーズケーキのタイプです。もはやチーズケーキには見えないルックスを備えています。チーズケーキとショートケーキの枠組みを越えたタイプで、シュークリーム、ショートケーキ、チョコレートケーキ、カップケーキ等に、様々な種類のチーズを使用した、チーズケーキが続々と誕生しています。

チーズケーキの種類(素材編)

みんなに人気のあるチーズケーキは、スイーツの定番。(といっても過言ではないよね?)
様々なパティシエの方の看板メニューになっている事もありますし、TV番組で紹介され、爆発的な人気を得ているものもたくさんあります。また、通販で買えるチーズケーキも数え切れないほどです。 そんなチーズケーキには様々なタイプがあります。
特徴的なチーズを素材にしたチーズケーキをご紹介してみましょう。

◆生チーズタイプ
熟成前の生の状態のチーズを使ったチーズケーキです。牛乳やレモンを加えたシンプルな味付けでチーズ感を損なわないように仕上げています。フレッシュなだけに発酵によるコンディションが難しく鮮度が求められます。最近では自分で時間刻みに熟成度を調節しながら食べるものも登場しています。

◆カマンベールタイプ
カマンベールチーズを使ったチーズケーキで、見た目はまさしくカマンベールチーズそのままです。カマンベールチーズをたっぷりと使った、とろける食感の極上品です。

チーズケーキの種類(形状編)

みんなに人気のあるチーズケーキは、スイーツの定番。(といっても過言ではないよね?)
様々なパティシエの方の看板メニューになっている事もありますし、TV番組で紹介され、爆発的な人気を得ているものもたくさんあります。また、通販で買えるチーズケーキも数え切れないほどです。
そんなチーズケーキには様々なタイプがあります。形状別に分けると、ベイクドタイプやレアタイプで一般的な「タルトタイプ」の他、最近では「スティックタイプ」や「スプーンタイプ」が人気を集めています。

◆タルトタイプ
tarte(タルト)は、別々の食材を一度に食べるために作られた、食べられる器を意味します。器は様々なクッキーやパイ生地が使われ、種類も豊富です。フランス発祥のお菓子といわれていますが、イギリス系のチーズケーキにもタルトタイプが多く見られます。

◆スティックタイプ
現代のライフスタイルにマッチしているハンディタイプの「スティックチーズケーキ」です。手軽に食べられる形状が人気を呼んでいます。スティックタイプはその形状からベイクドタイプが多かったのですが、昨今ではレアタイプやスフレタイプなど多様なタイプが増えました。

◆スプーンタイプ
従来のホール型ではなく、カップや瓶に入ったタイプで、すくって食べるチーズケーキです。「レア」「ムース」「プリン」「ブリュレ」などの他、最近では「ベイクドの進化系」ともいえる、とろとろの「焼きチーズ」やクリーミータイプのものも登場しています。コンビニ型ライフスタイルの、お皿のいらない気軽なチーズケーキとして急速に広がってきています。

◆階層タイプ
「ベイクド」と「レア」のように違うタイプのチーズケーキを重ねて層にしたものや、「レアチーズケーキ」と「サワークリームチーズ」などを重ねて層にしたものです。一度に「たくさんの味」と「ハーモニー」を楽しめます。ベイクドタイプの上にレアタイプが乗るものが多いですが、最近は「ドゥ-ブル・フロマージュ」など、2種類のレアタイプのチーズケーキを階層にしたものも人気です。

チーズケーキの種類(作り方派生編)

みんなに人気のあるチーズケーキは、スイーツの定番。(といっても過言ではないよね?)
様々なパティシエの方の看板メニューになっている事もありますし、TV番組で紹介され、爆発的な人気を得ているものもたくさんあります。また、通販で買えるチーズケーキも数え切れないほどです。
そんなチーズケーキには様々なタイプがあります。作り方別だと、「ベイクド(ベークド)タイプ」「レアタイプ」「スフレタイプ」に分けられます。それぞれのタイプから派生して1つのタイプといっていいほどに人気を集めているものがあります。

◆ニューヨーク(NY)タイプ (ベイクドタイプの派生)
ベイクドタイプの一種で、お湯を張って焼き上げます。クリームチーズを大量(50%以上、60%以上など諸説あり)に使用し、どっしりとしたクリーミーで濃厚な味わいを出して、サワークリームを使う事によりさっぱりとした清涼感を得る事ができます。

◆クリーミータイプ (ベイクドタイプの派生)
「ニューヨークタイプ」の進化形です。ベイクドタイプなのにレアタイプの口解けを持っています。「チーズ・材料・レシピ」に独自のスタイルを持っています。
低温でじっくり焼き上げたり、高温ですばやく焼き上げたり、湯せん焼きにしたりする事で、焼き目が薄いもの(無いものも)に仕上がっています。クリーミーで濃厚です。

◆ムースタイプ (レアタイプの派生)
ゼラチンで固めるという点でレアタイプの一種といえます。ムース(mousse)とはフランス語で「泡」の意味です。卵白や牛乳、生クリームといった食材との融合で独自の食感を持ち、苺やマロンのペーストなど、他の食材と混ぜ合わせる事もあります。

◆半熟タイプ (スフレタイプの派生)
名前の通り、半熟のとろける食感が特徴です。ここ1~2年で最も増えているタイプのチーズケーキです。ぼそぼそとした食感を嫌う、現代の食生活が生んだ新しいタイプ。「スフレタイプ」をベースにしているものが多いですが、「ベイクドタイプ」「レアタイプ」でも半熟ブームが波及してきています。

チーズケーキの種類(作り方編)

みんなに人気のあるチーズケーキは、スイーツの定番。(といっても過言ではないよね?)
様々なパティシエの方の看板メニューになっている事もありますし、TV番組で紹介され、爆発的な人気を得ているものもたくさんあります。また、通販で買えるチーズケーキも数え切れないほどです。
そんなチーズケーキには様々なタイプがあります。作り方別だと「ベイクド(ベークド)タイプ」「レアタイプ」「スフレタイプ」に分けられます。

◆ベイクドタイプ
「baked」とは「bake=焼く」の過去分詞です。名前の通り、焼き上げるタイプのチーズケーキです。
パイ皿に敷いたサブレ生地の上に、「クリームチーズ・カッテージチーズ・マスカルポーネ・リコッタチーズ」などのやわらかく塩分の少ないチーズと「砂糖・卵黄・コーンスターチ」などを混ぜて泡立てたものを型に流し入れて、オーブンで焼き上げるレシピが一般的です。
味はチーズケーキのタイプの中で一番こってりしていて濃厚な味を楽しむ事ができます。
ヨーロッパのそれぞれの国や地域に歴史がありますので、使用するチーズやレシピ、焼き上げ方に違いがあります。フランスでは「ガトー・フロマージュ」ドイツでは「ケーゼ・クーヘン」と呼ばれています。

◆レアタイプ
クリームチーズなどに生クリームを混ぜ合わせたものを「ゼラチン」で冷やし固める、やわらかいタイプの焼かないチーズケーキです。
グラハムクラッカーを砕いて作ったクラスト生地を底に敷き詰めて台座にするのが一般的ですが、昨今では「カップタイプ」や「びん入り」なども登場しました。
「バニラ」「チョコレート」「ヨーグルト」など、様々な風味に味付けがされる事があり、「フルーツ」特に「イチゴ」や「ブルーベリー」をトッピングする事も多いです。
レア・チーズケーキは1960年代に日本で生まれたという説が有力で、1970年代には「家庭の冷蔵庫で出来るチーズケーキ」として、「簡単レアチーズキット」が発売され人気になりますした。

◆スフレタイプ
「スフレ(souffle)」とはフランス語で「膨らんだ」という意味です。「牛乳・砂糖・小麦粉」を合わせクリーム状にしたものに、硬く泡立てた卵白を加え、オーブンでふんわり蒸し焼きにしたケーキです。
「スフレタイプのチーズケーキ」といういい方もできます。しかし、スフレも非常に多くの種類のあるスイーツですので、「スフレ中でチーズを使ったもの」というほうが自然かもしれません。
しっとりした食感が日本人好みで、1980年代に「500円チーズケーキ」として焼きたて「チーズスフレ」がブームになりました。ベイクドより軽くふっくらとしたチーズケーキです。

◆シフォンタイプ
「シフォンケーキ」とはもともと「薄い絹布」の事です。焼きあがった生地が、しっとりと軽い感じになることからその名がついたアメリカ生まれのケーキで手作り感が人気です。スフレと同様に「シフォンタイプのチーズケーキ」はシフォンケーキのバリエーションのほんの一例であり、様々な味のシフォンケーキが存在します。

まきばの夢

成田ゆめ牧場ショッピングの『まきばの夢』は、成田山新勝寺の参道に構える「成田ゆめ牧場薬師堂前店」にて、お正月の一週間だけで約1万個売れたチーズケーキです。
材料として、オーストラリア産のクリームチーズを使用し、ゆめ牧場の新鮮牛乳をオリジナルブレンド(ホルスタインとジャージーを7:3でブレンド)、また地場の名卵を贅沢に使って作られています。
新鮮な牛乳の風味を損なう事なく、濃厚なのにさっぱりとした味わいとなっています。
種類は6種類ありますので、いろいろ楽しめます。
まきばの夢プレーンまきばの夢かぼちゃ
まきばの夢抹茶まきばの夢紫いも
まきばの夢黒豆まきばの夢黒ゴマ

サイズ:縦19cm、幅6cm、高さ3cm
価格:ALL1200

チーズスフレ

デンマーク産クリームチーズとフレッシュな卵を使用しています。その2つの材料の出会いにより、上品なチーズの香りと、しっとり感が生まれました。チーズケーキが好きな方には、たまらない逸品です。
ホール販売のみ
6号サイズ:直径18cm×高さ5.5cm7号サイズ:直径21cm×高さ5.5cm
価格:3024円(税込)価格:3675円(税込)


マルチーズ


1個:136
6個:900
12個:1373
21個:3013
「まるくてカワイイ」チーズケーキです。食べやすいサイズですね。
自然の良質の素材を使い、こだわって作られた『マルチーズ』は口あたり滑らかで、とってもしっとりしているのに、ふわっとソフト。また、濃厚な上に酸味も強過ぎないのでちょうど良い甘さを引き出しています。ぜひ一度ご賞味ください。

リコッタチーズケーキ

サイズ:直径20cm
価格:3200円(税込)

「シンフォニーリコッタ」の手作りの無醗酵チーズを使って焼き上げたチーズケーキです。お店の名前にも「リコッタ」と使われているほど自慢の手作り無醗酵チーズです。
ミルクの香り豊かさ、クセのないまろやかさは、小さな御子さんからご年配の方、チーズケーキは苦手な方なんだけど・・・という方にまでまで幅広いファンがいらっしゃるようです。


フラワーレアチーズケーキ

サイズ:直径15cm
価格:2200

濃厚なクリームチーズのレアチーズケーキをベースとしています。
まるで水中花のように美しく咲き揃ったエディブルフラワー(食用花)のカーネーション。母の日の贈り物などとしても喜ばれるのでは?

スフレチーズケキ

サイズ:直径18cm
価格:2400円(税込)

フランス産のクリームチーズをたっぷりと使用し、低温のオーブンにてじっくり時間をかけて焼き、ふわふわでしっとりとした焼き上げたに仕上げたスフレチーズケーキです。
実は・・・中にはパイナップルが隠れているんです。これがまた絶妙のバランスでふわふわチーズケーキに合うんです。
一度チャレンジしてみてください。

クリームチーズケーキ

サイズ:直径15cm
価格:2000

コクのある本格派。とっても濃厚なチーズケーキとなっています。
底生地にアーモンドをたっぷり使われているクッキーも美味です!
一度いただくと「クセになるおいしさ」なようで「ブランデーと一緒に食べるとたまらない!」と店頭で男性の方にも好評なようです。
「チーズケーキ」が大好きな方にはおすすめの逸品です。是非お試しください。

季節のケーキ「メープル」

1月末までの限定販売!!
サイズ:直径8cm
価格:630

“Sweet of Oregon”の「季節のチーズケーキ(メープル)」はサトウカエデの樹液を煮込んで作った100%ピュアなメープルシロップを使い、さらに、細かく砕いたピーナッツ&アーモンドとオレゴンチーズケーキで作られています。それらの素材が出会った事で、素朴なんだけど美味しいチーズケーキが出来上がりました。
価格が安めなのも買いやすい魅力の1つですよね?
しかも、1月末までの限定販売ですので興味のある方はお早目に・・・

チーズケーキ棒 3種類セット

チーズケーキ棒
3種類セット
プレーン×5本(1本約50g)
ブルーベリー×5本(1本約50g)
ストロベリー×5本(1本約50g)
価格:4200円(税込)

チーズケーキ棒は、濃厚な味の「オーストラリア産チーズ」を使用しています。シンプルな「プレーン」、「オーストラリア産チーズ」と「熊本県産生ブルーベリー」をそのまま使用したフレッシュな味わいの「ブルーベリー」、「オーストラリア産チーズ」と「イチゴ(佐賀県産ほのか)」を使用した甘酸っぱい「ストロベリー」の3種類セットです。
棒状になっているので、食べやすくていいですね。

チーズケーキ・ニルバーナ

直径:21cm
価格:2840円 (税込)

日光の杜のレストラン「明治の館」で、デザートとして出されている「日瑠華(ニルバーナ)」という名のチーズケーキです。
デンマークの最高級チーズをふんだんに使って、しっとり焼き上げられています。ケーキの表面は、新鮮なレモンが香る、きめ細やかなサワークリームでコーティングされています。チーズの「コク」と、サワークリームの「さわやかな酸味」が絶妙のハーモニーです。
究極の境地を表す「ニルバーナ」の名にふさわしい味わいで、根強い人気を誇っています。
また、 電話にてメッセージ入りのチョコプレートを付けてくれます。

よこはまチーズプリン

6個
価格:1900円(税込)
8個
価格:2520円(税込)

知っている方も多いのでは?
そう・・・知る人ぞ知るチーズケーキ専門店「ガトーよこはま」のパティシエが「チーズケーキ」の次に手がけた自信作の「よこはまチーズプリン」です!
デンマーク産クリームチーズをふんだんに使われ、更に良質な卵と生クリームで深いコクを加えた事で、とても贅沢な味わいとなっています。一口、口にすると、上品な甘みとチーズのほのかな酸味が調和して、重量感のある味が舌に余韻を残していきます。
ゆっくりとコクゆたかな味を味わって食べたいプリンですね。

オレゴンカフェ

直径:8cm
価格:525

「オレゴンカフェ」はポートランドロースティング社で厳選された、「チーズケーキに良く合うコーヒー豆(Portland Blend)」をローストしています。ハワイウォーターで2日間水出しにし、香りを逃さないようにじっくりドリップされ、こだわり抜いたコーヒーをチーズケーキの中へ入れました。
やはり、ポイントは「渦」の部分コーヒーが濃厚なのでサイコーです!!リピーター率も高いチーズケーキなんです。
そうそう、実は元来『父の日』のために考案された商品なので、香りも良く、大人向けのチーズケーキなんですね。
ダンディー?なお父さんのプレゼントにもどうぞ♪

ベークド と オレゴニアンベークド の違いは?

「ベークド」と「オレゴニアンベークド 」の違いは…

「メレンゲを使っている」

「メレンゲを使っていない」

という違いです。

ちなみに、「メレンゲ」とは卵白を泡立てたもの。

皆さんご存知ですよね

ベークド」はメレンゲを使用しているので 『 ふわっ 』 とした食感です。

オレゴニアンベークド」はメレンゲを使用していないので 『 ズッシり 』 とした食感です。

その違いを楽しむためにも是非、一度食べ比べてみてください♪


ゴルゴンゾーラチーズケーキ

直径:12cm
価格:2200円(税込)

店頭に出せばすぐ売り切れてしまうという「ル・ラピュタ」を代表する幻のチーズケーキ
雑誌「Hanako」でチーズケーキグランプリを獲得したゴルゴンゾーラチーズケーキです。
ゴルゴンゾーラは、世界三大ブルーチーズに挙げられるほど有名なチーズです。このチーズケーキはそのゴルゴンゾーラを使用しています。
ブルーチーズでありながら、とてもクリーミーな口当たり。「チーズ好き」「ワイン好き」にはたまらない逸品です。そのため、「ワインと楽しむ大人向けのチーズケーキ」ですので、通常のチーズケーキとは違い、甘いケーキではありません。また、ブルーチーズが苦手な人も、このチーズケーキは好きになった人も多いとか?
「チーズケーキ」というより、オードブルに近い新しい感覚のケーキですので、これはまさに「ワインと楽しむ大人のためのチーズケーキ」ですね。甘いものが苦手な方や、お酒が好きな男性にオススメ!ちなみに赤ワイン向きとなっています。

ロワイヤル

直径:18cm
価格:3000円(税込)

こんがりとした色あいが、とても美味しそうな「ベイクドチーズケーキ」です。
食べてみると意外なのは、この美味しそうな焼き色を出しながらも、中のチーズがとても滑らかでクリーミーだということ
この「甘くまろやかな味わい」は、とても「ベイクドとは思えない」ほどです。この味を出すために、焼き上げるときは火が通り過ぎないよう、しっかりと焼き加減を見計らっているのだそう。
このロワイヤルは、サイズは大きめの直径18cmですので、7~8人のパーティーなどにもピッタリ
しっかりとした味わいなのに全くクセがありませんので、お子様同士のパーティ(例えば誕生日会など)や、会社のお昼に皆で食べるのにもオススメとろける美味しさのベイクドを召し上がってください


オススメ

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。